スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

意外と相性ばっちりな食材

カレーに入れる具材は何ですか?
カレーの定番具材は、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、肉とういう方がおおいのではないでしょうか。
これらの具材でも十分に美味しいカレーを作ることができるでしょう。
しかし、世の中には、数多くのカレーがあることも事実です。
カレーの種類の分だけ、入れる具材も違ってきていると言ってもkぁごんではありません。
そこで、今回Soft-exではカレーの具材で意外なものは何なのかを調べてみました。


■タケノコ

春になると旬を迎える食材の一つにタケノコがあります。
タケノコはカレーに入れる人は少ないと思いますが、意外と相性ばっちりなんです。
タイのグリーンカレーの具材に使われていますが、日本人が普段食べるカレーにはあまり入ることはありません。
タケノコは、歯ごたえのある食材なので、カレーに入れることで食感のアクセントにもなります。
いくら材料を大きく切ってゴロゴロ入っているカレーでもタケノコほどの食感は得られませんよね。
タケノコは、いくら煮込んでも食感が損なわれないのでカレーの具材にもピッタリです。
癖も少ないので、食べやすいですよ。


■白菜

カレーの具材に葉物野菜を使う人は少ないでしょう。
仕上げのトッピングとして使うことはあっても、具材として使うのは珍しいと思います。
白菜は、加熱することで甘みが出てきますし、加熱してもとろけてしまうことも少ないです。
白菜は、鍋ものや炒め物に使用することが多いので、カレーに入れようとは思いませんよね。
水分を多く含んでいることもあって、カレーとの相性にも不安でしたが実際に食べてみると意外とマッチしていてびっくりでした。
旬を迎えた白菜は甘みが強いので、甘口が好きだという方にもおすすめです。


■こんにゃく

カレーの具材二お肉を入れる人も多いです、
牛肉や豚肉、鶏肉などを入れることで満足感も得られますよね。
しかし、ダイエット中などはできるだけカロリーを氷魚変えたいものです。
そんな時には、お肉の代わりにこんにゃくを入れてみてください。
こんにゃくは、塩もみをして臭みを取り除くと食べやすくなります。
フォーくなどでこんにゃくに穴をあけ味が染み込みやすくしましょう。
一口大ちぎったりスライスしたりすることで肉の食感に近づけることができます。
後は、お肉を入れたカレーを作る時と同じ要領でカレーを作れば出来上がりです。

いかがですか?
意外な食材でも実際に食べてみると結構いいかも!と思うものも結構あります。
今回紹介した3品も、Soft-exおすすめの食材なのでチャレンジしてみてくださいね。

 

スポンサーサイト

コメント