スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

シャバシャバととろみのあるカレー どちらが好き?

国民食の一つとも言われているカレー。
家庭料理としても人気の高いカレーは、作る人によって見た目や味に違いがあります。
中に入れる具材も、お肉だったりシーフードだったり・・・。
隠し味や辛さに至るまで本当に違っているので、それぞれのカレーを比べてみると面白いとSoft-exスタッフは思っています。
今回は、カレーのとろみ加減について調べてみました。


■シャバシャバととろみのあるものどっちが好き?

カレーのとろみ加減も、それぞれの家庭によって違いがあります。
シャバシャバなカレーととろみのあるカレーのどちらが好きかというアンケートをとったところ、
シャバシャバが好みな人は全体の2割程度で、残りの8割がとろみのあるカレーが好きだという結果となりました。
シャバシャバのカレーが好きな理由としては、とろみがないのでスープ感覚で食べることができる」という意見やさらっとした口当たりで食べやすいという意見がありました。
一時期、スープカレーが人気がありましたが、シャバシャバのカレーは、後味が残りにくいというのも魅力のようです。
また、シャバシャバな分ご飯にカレーが染み込みやすかったり混ぜやすいなどというメリットもありました。

とろみのあるカレーがすきな理由は、カレーはとろみがあるのが定番とかコクや味の深みが感じられるなどが挙がりました。
他にも、シャバシャバだと食べづらいとか、ご飯に絡みやすいなどの意見もありました。

■シャバシャバカレーを回避する

シャバシャバなカレーが好きな人は問題ありませんが、とろみのあるカレーが好きな人にとっては、シャバシャバカレーは一大事です。
そんな時にはどのような対策を行えばよいのかSoft-exが紹介していきます。
カレーがシャバシャバになってしまう理由には、煮込み不足や 水分量の間違い、はちみつなど調味料を入れるタイミングなどが挙げられます。
ちょっととろみがゆるいと感じた時は、10分以上煮込んでみましょう。
にもみ時間を長くすることで、カレールーやじゃがいもなどによるとろみをつけることができます。
しかし、カレーは焦げやすいので、ゆっくりかき混ぜながら煮込むようにしましょう。
それでもとろみがつかないという時には、片栗粉や小麦粉を使用してみてください。
水に溶いた片栗粉や小麦粉を少しずつ加えていき、好みの固さになるように調節してください。
加熱によってとろみがついてくるので、入れ過ぎには要注意です。


世の中には、多くのカレーが存在します。
自分好みのカレーはもちろんですが、いつもと違うカレーにチャレンジしてみると新しいカレーに出会うことができるかもしれませんよ。